更年期の身体の変化・閉経 │ 【公式】仙台駅前婦人科クリニック

更年期の身体の変化

Aging

更年期とは

更年期とは、閉経前後の約10年間の期間のことを指します。更年期はいつから始まると定まっているわけではありませんが、50歳前後で閉経を迎える女性が多いため、45〜55歳くらいが一般的に更年期と呼ばれます。また、更年期に訪れる、病気以外の身体の様々な不調を更年期障害と言います。更年期障害は女性だけでなく、男性にも増えています。

当クリニックでは更年期障害をはじめ、閉経前後の女性の身体に起こりやすい腟の乾きといった外陰部諸症状のトラブルにも対応しております。お身体の不調を一人でお悩みの方は、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

更年期の身体の不調

更年期の症状一覧

更年期の方が体調を崩しやすい理由として、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することが考えられています。卵巣の機能が年齢とともに低下していき、エストロゲンが分泌されにくくなることで、ホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスの崩れは、女性の心身に大きな影響を与えることがあるのです。

また、エストロゲンだけでなく、仕事や家庭環境のストレスなども、更年期の症状に影響を与えます。身体の異常を感じたら、無理をしないようにしましょう。また、医療機関に相談するのもおすすめです。

更年期の症状セルフチェック

精神神経系 頭痛・めまい・物忘れ・うつ症状・耳鳴り・判断力や集中力の低下・倦怠感・だるい・イライラ・眠い
血管運動神経系 のぼせ・発汗・冷え・火照り・動悸・息切れ
皮膚・分泌系 皮膚や粘膜の乾燥・ドライマウス・ドライアイ
消化器官系 食欲不振・吐き気・下痢・便秘・腹部膨満感
運動器官系 首や肩がこる・関節痛・腰痛・身体のあちこちが痛い
泌尿器・生殖器系 生理の異常・頻尿・尿失禁・残尿感・性器の下垂感・外陰掻痒症・尿もれ・膣の乾き

更年期には、上記のような症状が見られる場合があります。特に、泌尿器や生殖器系のトラブルは、多くの女性が抱えています。尿もれや膣の乾きなどは、人には相談しにくい悩みですが、加齢に伴い起こり得る症状であるため、恥ずかしがる必要はありません。人には言えないデリケートな悩みだからこそ、当クリニックにご相談ください。

更年期のお悩みは専門家へ

泌尿器・生殖器系のトラブル

更年期のお悩みは当クリニックまでご相談ください

当クリニックは、問診や各種相談をすべてプライバシーに配慮した個室で行うため、他の患者様にご相談内容を聞かれる心配がありません。また、当クリニック院長の伊藤医師は、日本女性医学学会認定「女性ヘルスケア専門医」の資格を取得しており、更年期障害をはじめ女性特有のお悩みを幅広くサポートするための専門家です。

更年期障害は、一人ひとり症状が異なります。当クリニックでは、患者様に合わせた更年期障害の治療方法や、対策などのご提案をいたしますので、お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

News

お知らせ

  • 2020/10/28

    11/14は土曜日ですが診療いたします。

  • 2020/10/12

    お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

  • 2020/09/28

    10/10は土曜日ですが診療いたします。