出産までの流れ | 出産のための基礎知識・痛みや出産が不安な方へ【公式】仙台駅前婦人科クリニック

出産までの流れ

Birth

妊娠初期から出産まで

妊娠すると、お母さんの身体には様々な変化が起こります。妊娠11週(3ヶ月)頃までの期間と、妊娠28週(8ヶ月)以降は、特に体調の変化が起こりやすい時期です。妊娠週数によって起こる身体の変化や、赤ちゃんの成長についてご説明します。

妊娠0~3週

受精卵が着床するのは、妊娠3週頃です。お母さんに自覚症状はほとんどありませんが、この間にも赤ちゃんの生命は芽生えています。

妊娠4~11週

生理の遅れや体調の変化を感じるのがこの頃で、多くの方は妊娠を自覚します。妊娠しているかもと思ったら、市販の妊娠検査薬を使用しましょう。人によっては、妊娠6週頃よりつわりが始まります。また流産しやすい時期でもあるため、無理せず安静に過ごすことを心がけてください。

妊娠12~15週

おなかの膨らみを感じ始めるのがこの頃です。この時期に赤ちゃんの内臓の形態が完成し始めます。妊娠届出書を提出し、母子健康手帳を受け取っていただき、妊婦健診が始まります。

妊娠16~19週

つわりが治まり体調の落ち着きを感じやすい時期です。おなかのふくらみが目立つようになってきます。

妊娠20~23週

妊娠20週頃より胎動を感じはじめることが多く、赤ちゃんの骨や筋肉がしっかりしてくるため、動きが大きくなっていきます。妊娠中期〜後期には、貧血や妊娠高血圧症候群が起こりやすいので、無理をしないように注意してください。

妊娠24~27週

おなかが全体的に丸みを帯び、なだらかになるのが妊娠24〜27週です。子宮の上部がおへその部分を越えるため、このような形になります。赤ちゃんの脳が発達し、体の制御機能が高まるため、この時期の赤ちゃんは、体の向きを変えたり動き回ったりするようになります。

妊娠28~35週

子宮が胃を圧迫し、つかえた感じやおなかの張りを感じるのが、妊娠28〜35週あたりです。この時期の赤ちゃんは、皮下脂肪が増えて、ふっくらとした体つきになりつつあり新生児の見た目により近しくなっていきます。 赤ちゃんが大きくなることで胎動もお腹全体で感じるようになります。この時期は、体調に合わせて休息、お散歩などの軽い運動、水分補給を心がけてください。

妊娠36~40週

子宮が下がり、上腹部の圧迫が少し楽になるのが、妊娠36〜40週です。臨月と呼ばれる時期です。胃が苦しくなくなるぶん、体重が増えやすいので、食事には注意が必要です。この時期には、すでに赤ちゃんの外見上の発育は完成しています。

出産間近のサイン

出産が近づくと、お産のサインが現れます。これらの症状が出ている場合、出産はすぐ目の前です。

おしるし

「おしるし」とは、出産が近くなった頃に、少量の出血が生じることです。卵膜(赤ちゃんを包む膜)の一部が、子宮の収縮によって子宮壁からはがれ、毛細血管が破れることで生じます。もうすぐお産が始まるサインなので、おしるしは心配のいらない出血です。出産までもうすぐなので、心の準備をしましょう。

前駆陣痛

「前駆陣痛」とは、本格的な陣痛が始まる前に起こる陣痛です。子宮の筋肉が収縮することで生じます。前駆陣痛は時間の間隔が不規則で、痛みがそれほど強くなかったり、痛みがおさまったりすることがあります。時間の間隔が規則的で、強い痛みの場合は、陣痛の可能性が高いです。痛みが10分間隔になることが陣痛の目安です。

破水

「破水」とは、赤ちゃんを包む膜が破れ、中の羊水が出てくることです。陣痛のピーク時に生じることが多いですが、陣痛が始まる前に破水する場合もあります。これを「前期破水」と呼び、子宮口が開いていない場合に起こる陣痛を「早期破水」と呼びます。破水かもしれないと思ったら、すぐにかかりつけの産婦人科に連絡しましょう。お産がもうすぐ始まるサインです。

News

お知らせ

  • 2020/10/28

    11/14は土曜日ですが診療いたします。

  • 2020/10/12

    お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

  • 2020/09/28

    10/10は土曜日ですが診療いたします。