麻酔について|痛みを和らげる局所麻酔・静脈麻酔【公式】仙台駅前婦人科クリニック

麻酔について

Anesthesia

使用する麻酔について

当クリニックでは、検査や手術の際に麻酔を用いることがあります。麻酔を使用することで、患者様の痛みに対する不安を取り除くことができ、リラックスした状態で治療・手術を受けていただくことが可能です。

麻酔に関してご不安な点などがある場合は、当クリニックのスタッフまでご相談ください。下記では当クリニックで使用する麻酔について、くわしくご説明いたします。

麻酔による効果とは

麻酔による効果とは

麻酔には、主に2つの効果があります。身体の感覚をなくすことと、痛みを感じなくすることです。麻酔の効果によって、手術や検査で生じる強い痛みをコントロールし、治療を円滑に進めることができます。当クリニックでも、痛みが伴う治療に関しては、麻酔を使用いたします。

麻酔にはいくつかの種類がありますが、当クリニックで主に扱っている麻酔は治療部位の感覚だけを鈍らせる「局所麻酔」と眠った状態にする「静脈麻酔」です。治療においては、患者様一人ひとりにあわせた麻酔を使用することが重要です。当クリニックでは、患者様の安全性を第一に考え、担当医が適した麻酔を決定します。

麻酔の種類一覧

当クリニックで使用している麻酔は「局所麻酔」と「静脈麻酔」の2種類です。それぞれの特徴は以下の通りとなります。

局所麻酔 局所麻酔は、一部分だけ痛みの感覚をなくしたいときに用いられます。主に傷口の縫合や、組織採取の際に用いられます。皮膚・口内・膣内などに、麻酔薬を注射することで、麻酔効果を得られます。麻酔薬の注入時には、チクっとした痛みを感じますが、麻酔が効いてくると、簡単な手術や検査などを、痛みを感じることなく受けていただけます。ただし、中毒性があるため、投与量が限定されており、長時間の手術には使用できません。また、広範囲への使用も不可です。
静脈麻酔 静脈麻酔は、眠らせることを主体とした麻酔です。静脈内に点滴で麻酔薬を注入します。静脈麻酔で眠らせた状態にし、手術を受けることができるため、手術中の記憶も残りません。もちろん痛みも感じないため、手術に対して恐怖心のある患者様や、痛みに弱い患者様も、安心して手術を受けることができます。静脈麻酔は、中絶手術・外科手術・内視鏡検査などに用いられることが多いです。麻酔使用中は、全身の状態を確認しながら、麻酔をコントロールするため、経験をつんだ医師が担当する必要があります。また、静脈麻酔を使用する場合は、手術開始6時間前から絶食、3時間前から飲水禁止となるため注意が必要です。なお、上記のことが守られていない場合は、手術をお断りさせていただきますので予めご了承ください。

News

お知らせ

  • 2020/10/28

    11/14は土曜日ですが診療いたします。

  • 2020/10/12

    お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

  • 2020/09/28

    10/10は土曜日ですが診療いたします。