避妊インプラント

Birth control implant

今話題の避妊インプラントをくわしく解説します

女性が主体的に行える避妊法として、近年注目され始めたのが「避妊インプラント(皮下インプラント)」です。

避妊インプラントは、日本では未承認ながら、その安全性については、世界保健機関(WHO)、アメリカ食品医薬品局(FDA)などで認められており、世界的に見ても一般的になりつつある避妊法です。今後、日本や韓国などを含むアジア各国での認知度が高まると予想されており、日本での承認が待たれています。

仙台駅前婦人科クリニックは、避妊(皮下)インプラントの挿入・抜去が可能な医療機関です。インプラント挿入前のご相談も承っておりますので、ご検討中の方は予約フォームよりご予約のうえ、ご来院ください。なお、当クリニックでのインプラント挿入は、満18~40歳の方を対象とさせていただいておりますので、あらかじめご了承ください。

この記事では、避妊インプラントの概要から費用、挿入・抜去方法、ミレーナとの違いなどについてご説明します。

避妊(皮下)インプラントとは?

避妊インプラントとは?

避妊インプラントとは、皮下に埋め込むタイプの避妊具です。約4センチの棒状のプラスチックに、エトノゲストレル(プロゲスチン)を有効成分として含んでいます。上腕部の内側(二の腕の皮下)に挿入するだけで、約3年間、99%以上の避妊効果が得られるのが特徴です。それだけでなく、月経困難症や過多月経などが改善するといった副効用も期待できるとされています。避妊インプラントは、プロゲスチン(黄体ホルモン)の単剤製剤のため、エストロゲンとプロゲスチンの両方が含まれる混合製剤と比較して、副作用がより少ない傾向にあります。

避妊インプラント挿入期間中は、一日約50μgの割合で、エトノゲストレルの主成分であるプロゲスチン(黄体ホルモン)が体内に放出されます。プロゲスチンが体内に放出されると、妊娠を促す黄体形成ホルモン(LH)の分泌が抑えられ、高い避妊効果を得られるというわけです。

なお、医師に肥満症と診断された方(BMIが25以上。肥満が原因の病気を合併する可能性があると診断された)は、避妊インプラントの効果持続期間が3年よりも短くなる可能性があります。体重が80kg以上ある方は、診察の際にご相談ください。

インプラノンとネクスプラノンの違いは?

インプラノンとは、製薬会社MSDが製造する避妊インプラントの製品名です。避妊インプラントがイギリスで初めて承認されて以来、多くの女性にその挿入が行われました。しかし、インプラノンは構造上、正確な位置への挿入が難しく、イギリス国内では、インプラノンを挿入した女性の内、数%(500人以上)が避妊に失敗していることが明らかになりました。

この事態を受けて、インプラノンの製造元である製薬会社MSDは、インプラノンの改良型であるネクスプラノン(Nexplanon)を発売しています。ネクスプラノンは、レントゲンやCTスキャンを使用すれば、適切に挿入されているか分かるように改良されており、避妊率の確かさ、安全性が格段に向上しました。なお、インプラノンは現在、製造・販売が中止されています。

仙台駅前婦人科クリニックでは、1本のインプラント挿入で3年効果が持続するネクスプラノンを採用しています。ネクスプラノンは、アメリカ食品医薬品局であるFDAにも承認されている安全性の高い製品です。避妊インプラントをご検討中の方は、お気軽に当クリニックにご相談ください。

避妊インプラント料金表

相談料 3,300円
避妊インプラント挿入
※局所麻酔代+挿入代込み
98,000円
避妊インプラント抜去 自院:15,000円
他院:33,000円
静脈麻酔 33,000円
麻酔テープ 550円
  • ※全て税込み表記です
  • ※避妊インプラントは自費診療となります
  • ※クレジットカードがご利用可能です

避妊(皮下)インプラントの挿入・抜去の流れ

避妊インプラントの挿入、抜去は、以下の流れで行われます。

避妊(皮下)インプラント挿入時の流れ

1.医師による診察

患者様の状態が避妊インプラント処方の適応となっているか、正確に判断するための診察を行います。この診察時に、避妊インプラントの効果や副作用などをくわしくご説明します。ご不明な点や、ご不安なことがありましたら、遠慮なく医師またはスタッフにご質問ください。

2.挿入部位の局所麻酔

上腕の内側(二の腕)、インプラントを挿入する部位を消毒後、局所麻酔を行います。注射針刺入時、チクッとした痛みを感じます。

3.避妊インプラントの挿入

局所麻酔が効いていることを確認した後、専用器具でインプラントを挿入します。挿入にかかる時間は、数秒です。局所麻酔が効いているため、挿入時の痛みはありません。

インプラントを挿入した箇所に、注射針の跡が小さく残ります。しかし、これも時間の経過とともに、徐々に目立たなくので、ご安心ください。また、挿入後や翌日に内出血が起こるケースもありますが、こちらも徐々に軽減していくので、過度な心配はいりません。

インプラント挿入時の注意点

避妊(皮下)インプラントを挿入している側の腕は、脂肪吸引やレーザー治療をはじめとした美容施術が受けられません。また、血圧測定、予防接種なども、インプラント破損の要因となるため、挿入していない側の腕で行うようにします。

インプラント挿入部位に強い衝撃を受けると、インプラント破損の危険性があるため、激しい運動やスポーツ等にも注意が必要です。

避妊(皮下)インプラント抜去時の流れ

1.医師による診察

インプラントの位置を確認し、メスを入れる位置、切開線の確認をします。

2.切開部分の局所麻酔

切開する部位を消毒後、局所麻酔を行います。注射針刺入時、チクッとした痛みを感じます。

3.避妊インプラント抜去

局所麻酔が効いていることを確認した後、診察で決めた切開線に沿って数ミリ程度皮膚を切開し、インプラントを取り出します。局所麻酔が効いているため、切開、抜去時の痛みはありません。

4.インプラント継続の希望があれば再挿入

避妊インプラントの継続をご希望になる際は、抜去時の切開部もしくは、新しい位置からインプラントを再挿入します。

継続処方を希望されない、抜去のみを行う際は、止血処置の後、切開部が塞がるまで、包帯や保護テープでケアを行っていただきます。なお、切開部の状態によっては、数針の縫合が必要なケースもあります。縫合時も、局所麻酔が効いているため、痛みはありません。ご安心ください。

ミレーナと避妊インプラントの違い

ミレーナ/IUSと避妊インプラントの違いを表にまとめました。7項目に分けているので、見ていきましょう。ミレーナについて、くわしくはミレーナの記事をご参照ください。

ミレーナ/IUS 避妊(皮下)インプラント
挿入場所 子宮内 上腕部内側(二の腕)の皮下
形状 T字型 棒状
大きさ(全長) 3cm程度 4cm程度
有効成分 レボノルゲストレル エトノゲストレル
期待される効果 避妊・過多月経・月経困難症 避妊・過多月経・月経痛の緩和
効果継続期間 最長5年 最長3年
保険適用の有無 過多月経・月経困難症の改善目的の場合は保険適用(避妊目的の場合は自費) なし

ミレーナ/IUSと避妊インプラントのもっとも大きな違いは、保険適用の可否です。ミレーナ/IUSは、過多月経や月経困難症を改善する目的での使用なら、保険適用となります。避妊インプラントは、過多月経や月経困難症などの症状があっても、国内未承認薬のため保健が適用されず、全額自己負担となります。

避妊インプラントよくあるご質問

避妊(皮下)インプラントを挿入ると生理は止まりますか?
A.いいえ。避妊インプラントを挿入しても、月経は停止しません。しかし、経血量の減少や月経痛の緩和、過多月経の改善効果は期待できます。
避妊(皮下)インプラントは保険適用で挿入できますか?
A.いいえ、避妊インプラントは保険適用できません。日本ではまだ、避妊インプラントの承認がされていないからです。避妊目的ではなく、過多月経や月経困難症の改善を目的にした場合であっても保険適用外となり、全額自己負担となります。
避妊(皮下)インプラントはどのくらいの避妊率ですか?
A.避妊インプラントの避妊率は99%以上です。この効果は、約3年間持続します。挿入から3年以上経つと、避妊効果が期待できないため、インプラントを抜去する必要があります。挿入した日を忘れないように、抜去する日を記録しておきましょう。抜去タイミングを忘れてしまった場合は、インプラントを挿入した医療機関に、直接お問い合わせください。
避妊(皮下)インプラントはどこに入れますか?痛みは感じますか?
A.基本的には、利き腕ではない方の上腕部内側(二の腕)の皮下に挿入します。局所麻酔注射の際、注射針による一瞬の痛みが生じますが、インプラント挿入時は、お痛みを感じることはありません。ご安心ください。
避妊(皮下)インプラントは授乳中でも挿入できますか?
A.はい、出産後、4週間以上経過していれば、避妊インプラントの挿入が可能です。3歳までの幼児を対象にした研究でも、インプラント挿入中の授乳が、乳児の成長や発達へ悪影響を及ぼすリスクは確認されていません。ご安心ください。
避妊(皮下)インプラントは挿入後いつから効果を発揮しますか?
A.月経初日~5日目までにインプラントを挿入すれば、挿入直後から避妊効果があります。しかし、月経期間以外にインプラントを挿入した場合は、最低でも7日間は、コンドームなど他の避妊法を用いてください。
韓国など、他院で入れた避妊(皮下)インプラントでも抜去してもらえますか?
A.はい、他院挿入のインプラント除去も可能です。しかし、インプラントが正しい位置に挿入されており、破損などの大きなトラブルが生じていない場合に限ります。インプラントの状態に問題がなければ、国内外問わず他院で挿入したインプラントでも対応いたします。診察時に挿入位置やトラブルの有無などを確認させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。
避妊(皮下)インプラントは腕以外に挿入できますか?
A.いいえ、避妊インプラントは、上腕部内側(二の腕)の皮下に挿入された実績しかなく、二の腕以外では、安全性や効果が保証できないため、挿入できません。仙台駅前婦人科クリニックでも、二の腕のみの挿入としております。
避妊(皮下)インプラントが入っているのは自分でわかりますか?
A.はい、インプラントは二の腕の皮膚のすぐ下に埋め込まれるため、指で触ると形がわかります。挿入後、触れた感触がない、インプラントの形が変わった気がする、挿入箇所に痛みが出た場合などは、挿入したクリニックを受診してください。また、挿入後にインプラントの感触がない場合は、医師の診察を受けるまで、コンドームなどの、別の避妊法を行う必要があります。

News

お知らせ

  • 2024/2/23

    休診曜日は日曜です。

  • 2023/01/05

    VIO医療脱毛と膣ハイフの期間限定キャンペーン中です。

  • 2022/10/31

    膣ハイフ(ウルトラヴェラ)の期間限定キャンペーン中です。